乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

乳首乳輪がピンク色から黒になる原因と対策①|紫外線

読了までの目安時間:約 8分
b136

 

 

 

夏になると気になるのが太陽光・紫外線による日焼け。

 

顔や首元など肌が露出する部分に日焼け止めを塗っている女性って夏場はけっこう多いというかほとんどですよね。

 

それだけ日焼け対策について敏感になっている日本であまり知られていない事実に、紫外線を浴びるとブラジャーの中に隠れていて日焼けとは関係なさそうな乳首と乳輪も黒くなってしまうというものがあります。

 

というわけで今日は:

 

乳首と乳輪が黒ずんでしまう原因・紫外線についてのお話です

 

このページで紫外線について詳しくなって、乳首と乳輪の黒ずみを防いでくださいね♫

 

紫外線は乳首と乳輪を黒くさせる原因となる

b136

 

『なんで紫外線を浴びたら服の下に隠れている乳首と乳輪が黒くなるの?』

 

あなたはこう思われたかもしれません。

 

紫外線が乳首の黒ずみの原因となる理由は2つです。

理由1)紫外線は目から入ると脳を刺激して肌を黒くさせる

まず理由の1つ目は紫外線が与える脳に対する影響です。

 

目が紫外線を感知すると、情報が脳に伝達されて、肌を黒くさせる体内物質・メラニンの生成を促進してしまうという事実があるんです。

 

なので日焼け止めをいくら顔や首元、腕に塗っても間接的に内側からくる日焼けを予防することはできないんです。

 

目から入る紫外線による黒ずみ対策については後ほど方法をご紹介するので、まずはもう一つの理由を紹介させて下さい。

理由2)服を通過して紫外線が乳首・乳輪に届く

夏場って暑いからこそ、薄手で光を通しやすい服を着てしまいがちですよね。

 

実はこの事が乳首と乳輪の黒ずみの原因となってしまっているんです。

 

どういうことかというと、薄手の服を着ていると紫外線が服を通りぬけて、乳首乳輪まで届いてしまう可能性があるからです。

 

じゃあどうすればよいかというと。。

 

これも次からの項目で詳しくお話します。

紫外線による乳首と乳輪の黒ずみを防ぐ方法

ここまで紫外線によって起こる乳首と乳輪の黒ずみの原因を2つお話してきましたが、じゃあどうすればこの2つの原因を防ぐ事ができるのかという話になりますね。

 

その方法をここからお話していきましょう。

対策1)サングラスをつけて目から入る紫外線を減らす

c5

 

1つ目はサングラスを使う方法です。

 

うえで紹介した理由1)に対応した方法なんですが、サングラスを使って目に入る紫外線を減らしてやれば、脳に届く紫外線についての情報が少なくなるという効果が期待できるので、メラニンの生成量を減らすことができるようになるんです。

 

サングラスをするだけで普段目に届いている紫外線の9割がカットできると言われていますので、乳首と乳輪を美しく保ちたいと思っている方なら、マストアイテムです。

 

また内側からの日焼けは乳首・乳輪だけでなく身体全体を黒くさせますので、美白を意識している方にとってもマストなアイテムと言えるでしょう。

乳首乳輪の黒ずみ防止のためのサングラスの選び方

というわけでここから乳首と乳輪の黒ずみ予防のためのサングラスの選び方をお話していきますね。

必ずUVカットのものを選ぼう

まずはUV(ウルトラバイオレット=紫外線)カット効果のあるレンズが入ったサングラスを選ぶ事です。

 

どれだけ見た目に黒いサングラスであってもUVカット効果がなければ紫外線に対する防御効果は半減してしまいます。

 

ただ黒いだけのUVカット効果の無いサングラスをつけてしまうと、外の視界が悪くなるので、目を大きく開けてしまいがちになって、紫外線を防御するつもりが余計に紫外線を身体に取り入れてしまっている。。。という残念な結果にもなりがちですので、必ずUVカットのサングラスを選ぶようにして下さい。

あなたの顔の形にフィットしたサングラスを選ぼう

サングラスで顔の前面からくる紫外線を防御したとしてもまだ充分ではありません。

 

実は紫外線は顔の横側・上側・下側といろんな方向からあなたの目に届いているんです。

 

いくら前面からの紫外線をカットしたしてもその他の方向から届く紫外線から見を守れていなければ意味がありませんよね。

 

じゃあどうすれば良いかというと、顔の形にフィットして、目の周りを包み込むように設計された大きめのグラスのサングラスを購入することです。

 

覚えておきましょう。

 

紫外線は目の前面だけでなくあらゆる方向から目に届きます。

 

できるだけ全方向からの紫外線から目を守れるサングラスを選ぶことが重要です。

曇りの日でもサングラスを着けよう

夏場、太陽がでて青空が見えている日だけ日焼け止めをする方がいますが、これは日焼け止め対策として正しい方法とは言えません。

 

実は曇りの日でも、薄い雲なら80%程度の紫外線が雲を通り抜けて地上に届いているんです。

 

夏の強い日差しの80%が曇りでも地表に届くとしたら、、

 

曇りの日は日焼け止めしなくても良いということにはなりませんよね。

 

これと同じで曇りだからサングラスをしなくても良いという事にはならないんです。

 

曇りでもあなたの目には紫外線が届いています。

 

乳首と乳輪を黒ずみから守りたければしっかりとサングラスをつけて生活するようにしましょう。

対策2)網み目のしっかりとした服を着る

e102

 

次に服を通り抜けて乳首・乳輪まで届く紫外線を防いで黒ずみを予防する方法です。

 

この方法は簡単といえば簡単、網み目の細かい服を着ることです。

 

夏場って薄手のT-シャツなどで過ごしてしまいがちですね。

 

一度そのT−シャツを太陽に向かってかざしてみてください。

 

まぶしくありませんか?

 

これはなぜかというと紫外線がT-シャツを通り抜けてあなたまで届いてしまっているからです。そして紫外線は乳首・乳輪にまで到達すると乳首と乳輪を黒ずませてしまいます。

 

そうならないように網み目が細かい生地でできた夏用の服を着ましょう。

 

網み目が細かい生地でできた服なら紫外線を通しにくいので乳首と乳輪の黒ずみが緩和される効果が期待できます。

 

紫外線による乳首と乳輪の黒ずみを防ぐ方法まとめ

e204

 

    • UVカットサングラスを着けましょう
    • 編み目の細かい服を着て紫外線から身を守りましょう

 

この2点がこのページで伝えたかったことです。

 

あなたが乳首と乳輪の色を薄くしてピンク色に近づけていきたいと思っているなら、ここでお話した2つの対策は必須と言えるものです。

 

ぜひ実践して美しさを保ってくださいね♫

 

関連ページ|【乳首ピンク.net】乳首の黒ずみの原因と対策ベスト11

 

<紫外線の豆知識>

紫外線は日焼けやシミ・シワの原因となる悪者というイメージが強いかもしれませんが、実は体内でビタミンDが生成されるのを助けたり、光療法と呼ばれる肌疾患の治療にも役立つ私たちにとってなくてはならないものでもあるんですよ♫

 

乳首と乳輪を黒ずみから守るために最低限の対策をしたらそれで充分、太陽がある明るい生活を楽しみましょう♫

 

 

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る