乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

乳首をピンク色にするビタミンC誘導体とは?種類・効果・保存法

読了までの目安時間:約 12分
e260

 

 

乳首と乳輪の美を追求するサイト・乳首ピンク.netへようこそ!

 

このページでは最近化粧品の配合成分としてよく見かけるようになった

 

ビタミンC誘導体について詳しく解説しています。

 

あなたが美白成分としてビタミンC誘導体に興味があるのなら、このページでその興味をさらに深めてみてくださいね♫

 

ビタミンC誘導体とは?ビタミンCと何が違うの?

e148

 

まずは基本の基の部分、ビタミンC誘導体とはなんなの?という点についてお話しをしていきましょう。

 

ビタミンCは柑橘類などに含まれている成分として有名で、ジュースでもビタミンC配合のものって結構ありますよね。

 

そんなビタミンCとビタミンC誘導体の違いは安定性です

 

ビタミンCって天然にもあって果物を食べても体内に摂取することができるんですが、成分自体が不安定で壊れやすく、うまく身体が吸収してくれないっていう問題があったんですね。これは化粧品として肌に塗るビタミンCでも同じです。

 

どれだけビタミンCが美白に良いってわかっていても肌に届かない〜。。。

 

どうしよう。。。

 

そうだ安定させてしまおう!

 

と開発者の方が思ったのかどうかは不明ですが、そんな流れの中でビタミンC+別成分をかけあわせて安定性を高めたものがビタミンC誘導体だと思っておけば良いでしょう。

 

<ビタミンC誘導体は自然界には存在しない成分>

 

ビタミンCはここまでお話しした通り、果物などにも含まれている天然の成分ですが、ビタミンC誘導体は人間が人工的に作り出した成分なので自然界には存在しません。

 

<??ビタミンCはなぜ不安定??>

 

ビタミンCが空気に触れると酸化してしまうことが原因です。

 

<??ビタミンC入りの化粧品はどうやって見つける??>

 

ビタミンC誘導体ではなくてビタミンCの入った化粧品を見つけたい場合は成分にピュアビタミンCと表記があるものを探してみましょう。外資系の化粧品ブランドにこのような表記が多いようです。

ビタミンC誘導体の効果は?

ビタミンC誘導体はビタミンCが元となっている成分ですので、効果自体はビタミンCの効果と類似しています。

 

ビタミンC誘導体に期待できる効果は:

 

    • 肌の老化の原因・活性酸素の抑制効果
    • アンチエイジング効果
    • すでにあるメラニンを解消する効果
    • 身体がコラーゲンを作るのを促進する効果
    • セラミドの合成促進効果
    • ターンオーバー促進効果
    • 皮脂抑制効果
    • ニキビ予防改善効果
    • シミの予防改善効果
    • くすみの予防改善効果
    • 美白効果

 

です。

ビタミンC誘導体の美肌効果メカニズム

e31

 

ビタミンC誘導体はビタミンCよりも安定しているので体内吸収量が高い

 

というのがビタミンC誘導体のメリットだったわけなんですが、ずっとビタミンC誘導体として安定しているわけではありません。

 

体内に入ると徐々にビタミンC誘導体がビタミンCへと戻っていき(還元していき)ビタミンC本来の美肌効果が体内で発揮されるようになっていきます。

 

今まで肌にたくさん届けたくても届けられなかったビタミンCの運び屋さんが誘導体だと思っておいてもよいですね。

ビタミンC誘導体の3種類 水溶性・油溶性・水油溶性

そしてビタミンC誘導体といってもひとつではなく性質によって

 

    • 水に溶ける水溶性
    • 油に溶ける油溶性
    • 水・油両方で溶ける水油溶性

 

のものがあります。

 

あなたがビタミンC誘導体入りの化粧品を持っているなら以下の分類に含まれている成分がないかチェックしてみてください。同じ表記のビタミンC誘導体があれば、水溶性・油溶性・水油溶性かがわかります。

 

●水溶性:皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合される。

 

  • リン酸型ビタミンC
  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル

 

●油溶性:本来水溶性であるビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたもの。つまり水と油を合わせた状態で、主にクリーム等に配合される。

 

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル

 

●水溶性と油溶性の性質を持つもの:親水性と親油性があり、さらに浸透力が高くなったもの。

 

  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)

引用元|http://www.skincare-univ.com/

 

ビタミンC誘導体 水溶性・(油)脂溶性・水油溶性の特徴

水溶性ビタミンC誘導体の特徴

水溶性のビタミンC誘導体は効果の即効性が高くて化粧水・ニキビケアなどに多く含まれています。

 

上の項目で引用(灰色枠内)して紹介した水溶性ビタミンC誘導体以外にも

 

  • リン酸アスコルビルMg
  • リン酸アスコルビルNa
  • アスコルビル酸グルコシド

 

といった名称の水溶性ビタミンC誘導体があります。

 

リン酸型は刺激が弱いと一般的に言われているので敏感な肌をお持ちならリン酸型を選ぶとよいでしょう。

 

グルコシドタイプのものは安定性が高すぎて、ビタミンC誘導体からビタミンCに戻らないという説があるので、できたら購入までに対象のケアアイテムの口コミなどで情報収集をした方がよいです。

(脂溶性)油溶性ビタミンC誘導体の特徴

油に溶ける油溶性ビタミンC誘導体は水溶性ビタミンC誘導体に比べて効果が長持ちするという特徴があります。また保湿性が高く、肌への浸透力が高いので、水溶性よりも肌への吸収率が高いのも特徴です。

 

前述の項目で紹介している脂溶性ビタミンC誘導体以外にもパルミチン酸アスコルビルといった脂溶性ビタミンC誘導体もあるのですが、一般的に効果が高いと言われているのがテトラヘキシルデカン酸アスコビルで、刺激も少ないと言われています。

 

これから脂溶性ビタミンC誘導体入りのケアアイテムを購入する場合はテトラヘキシルデカン酸アスコビルの別名VCIPとネット検索してみるとよいでしょう。

水油溶性ビタミンC誘導体の特徴

水溶性・脂(油)溶性、両方の特徴をあわせ持つビタミンC誘導体だというのがまず何よりの特徴です。

 

水溶性ビタミンC誘導体だけだと、肌表面の皮脂(油成分)に邪魔されて肌になかなか浸透しないという問題がでてきます。水(ビタミンC)と油(皮脂)は性質上混ざらないという問題があるので、肌への浸透率がどうしても悪くなってしまうんです。

 

油溶性ビタミンC誘導体は皮脂を通り抜けて肌の奥まで届いてくれますがビタミンC誘導体がビタミンCへと変化するまで48時間程度かけてゆっくり。。となってしまい、即効性にかけてしまいます。

 

この2つの欠点を補い、ビタミンC誘導体の浸透率を高めたものが水溶性・油溶性両方の性質をもつビタミンC誘導体で、アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)が代表的な成分名です。

 

浸透率は通常のビタミンC誘導体の100倍程度と言われていますので、これからビタミンC誘導体入りのケアアイテムを試すという場合はAPPS入りのものを選んでみるとよいですね。

 

関連ページ|ビタミンC誘導体を選ぶならAPPS|APPSとは?

ビタミンC誘導体の副作用・危険性は?

ビタミンC誘導体は(すでにお話ししたとおり)ビタミンCが元となっている成分なので、そこまで重い副作用や危険性はないと考えられます。

 

ですが:

 

    • 刺激が強い
    • 皮脂の分泌を抑える働きがある

 

という効果がビタミンC誘導体にはあるので、敏感肌や乾燥肌でビタミンC誘導体入りのケアアイテムを使う場合は同時に保湿をして刺激や皮脂の分泌の低下をカバーしてあげた方が良いでしょう。

 

ビタミンCってレモンにも入っている成分なので、やっぱり刺激が強いのは仕方がないのかもしれませんね。

 

油溶性の方が肌への刺激が低いので可能であれば油溶性のビタミンC誘導体を選んでおくと無難です。

 

油溶性ビタミンC誘導体は、油溶性になったことで、通常のビタミンCに比べ約30倍の吸収力を示し、皮膚の中での作用持続効果は43時間以上だと言われています。
また、油溶性になるということは、イオン化していないということです。水溶性ビタミンC誘導体が、刺激を与えてしまう理由は、一度に多量にイオン化することが原因です。ですから、塗った時に、イオン化していない油溶性ビタミンC誘導体は、非常に刺激性が低いのです。そして、肌深くに浸透して、じわじわ効くっといった具合です。

引用元|http://www.cosme-rurica.com/ 

 ビタミンC誘導体入りケアアイテムの保管方法は?

    • 酸化を防ぐために太陽光が直接当たらない場所に保管するようにしましょう
    • 封・フタを開けっぱなしで置いておくと酸化が進みますので注意が必要です

    • 室温で保存しましょう

 

 

というのが一般的なビタミンC誘導体入りケアアイテムの保存方法ですが、その他の配合成分によっても変わってくるので、あなたが購入したケアアイテムに書かれている保存方法を守るようにしてみてください。

 

 

 

タグ :                       

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪の美白に効果的な美容成分 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る