乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

乳首がピンク色から黒になる原因と対策⑪|生まれつき

読了までの目安時間:約 7分
c3

 

乳首と乳輪の美を追求するサイト・乳首ピンク.netへようこそ!

 

  • ◎◎ちゃんの乳首と乳輪の色ってキレイ。。
  • それに比べて私の乳首ってなんで昔からこの色なの。。

 

乳首と乳輪の色は後天的なことが理由で黒くなっていったりもします。

 

でも乳首と乳輪の色が生まれつき濃いという先天的な理由も全くないわけではありません。

 

このページではなぜ

 

    • 私たちの乳首と乳輪の色が生まれつき濃い場合があるのか

    • どうやったら生まれつきの色を薄くしていけるか

 

という点について詳しく解説していますので、あなたが乳首と乳輪の色で悩んでいたなら、ぜひこのページを参考にしてみてくださいね♫

 

あなたの乳首と乳輪の色が生まれつき濃い理由とその対処法

e233

 

ではではここから一緒に見ていってみましょう

日本人の乳首と乳輪の色にはばらつきがある

まずはなぜあなたの乳首と乳輪の色が生まれつき濃いのかという根本的な疑問を解決しておきましょう。

 

なぜあなたの乳首と乳輪の色が濃いのかという疑問の答えは

 

メラニン色素の影響です

 

メラニンというと真夏に太陽光を浴びると体内で生成されて私たちの肌の色を黒くするものというイメージがあるかもしれません。

 

これ自体に間違いはないんですがそれ以外にも生まれ持って体内に備わっているメラニン量というものには差があって、このメラニン量の差が乳首と乳輪の色が生まれつき濃い原因になっているんです。

 

白人・黄色人種・黒人と人間には大きく分けて3つの人種がありますよね。

 

  • この中でもっともメラニン量を多く持って生まれてくるのは黒人の方です。
  • そしてもっともメラニン量が少ない人種が白人の方です。

 

この中間に位置してしまっている私たち日本人が属する黄色人種の場合は生まれつきのメラニン量にもある程度のばらつきがでてきてしまい、あなたがたまたまメラニン量が多い体質で生まれてきた場合は、生まれつき乳首と乳輪の色が濃いということになってしまうんです。

生まれたての乳首と乳輪の色がもっとも薄い

ちなみに私たちの乳首と乳輪がもっとも薄いのは生まれたての赤ちゃんの時期です↓

 

c3

 

生まれるまでお母さんの体内で守られていてメラニンの生成を促進してしまう紫外線などの影響を受けていない赤ちゃんの乳首と乳輪は薄い状態です。

 

そしてそこから成長していくにつれて女性ホルモンや紫外線の影響を受けて乳首と乳輪はどんどん黒くなっていくことがわかっています。

 

ちなみに女性の場合は歳を重ねて老齢期に入ると女性ホルモンの体内量が減るので乳首と乳輪の色は生まれたての頃に戻っていくということがわかっているんですよ。

 

c2

 

女性ホルモン量と体内メラニン生成量は同じような変化をたどることがわかっていて、女性ホルモンの量が増えると体内メラニン生成量も増えるということがわかっているんです。

 

なので、思春期を迎えるころから乳首と乳輪は生まれたての頃よりも急激に黒くなっていきます。

生まれつきの乳首と乳輪の色を薄くする方法

e232

 

『う〜ん、、生まれつき乳首と乳輪の色が黒い人がいることも分かったし、女性ホルモン量が増える歳になったら乳首と乳輪が黒くなるのも分かったけど、どうやって色を薄くできるの?』

 

とあなたが思われていたらここからまさにその話をしていきます。

生まれつき濃い乳首と乳輪の色を薄くするにはメラニン量を抑制する

生まれつき濃い乳首と乳輪の色をあなたが持っていたとしても、メラニンの生成量を抑制するケアをしてあげれば乳首乳輪のメラニン量が減ることで乳首と乳輪の色を薄くすることが可能になっていきます。

 

『そんなことできるの?』

 

と思われるかもしれませんが、今はメラニンを生成する体の部分・メラノサイトの働きを抑制する天然成分が見つかっています。

 

なのでそういった成分が含まれた乳首乳輪ケア専用アイテムを使ってあげれば乳首と乳輪にあるメラニン量を抑制して色を薄くしていく効果が期待できるんです。

絶対にやってはいけないこと

『メラニンの生成を抑制すれば良いのね、わかった♫』

 

と安易に考えて、例えば日焼け止めクリームや顔や腕に使う美白ケアを乳首乳輪に使うのは絶対にオススメしません。

 

なぜかというと乳首と乳輪の皮膚はデリケートで敏感だからです。

 

乳首と乳輪に刺激の強い成分が含まれているケアアイテムを使ってしまうと、刺激から身を守るための過剰反応が起こってしまい、乳首乳輪に皮膚が分厚くなってしまう可能性があります。

 

『皮膚が分厚くなるくらいいいじゃない』と思われるかもしれませんが、乳首と乳輪の皮膚が分厚くなればなるほど、乳首と乳輪が黒く見えるようになってしまいます。

 

せっかく乳首と乳輪の色を薄くするためにしたケアが乳首と乳輪の黒ずみを悪化させるケアだったら意味がないですよね。

 

そうならないように敏感な乳首と乳輪のケア専用に設計された低刺激成分の含まれているケアアイテムを利用してメラニンの生成を抑制してあげるようにしましょう。

当サイトオススメの乳首乳輪専用ケアアイテムはこちら

当サイトの別カテゴリーで数はかなり少なくなってしまっていますが、乳首と乳輪に使っても安心の低刺激アイテムを厳選してまとめていますので、よければそちらを参考にしてみてください↓

 

⇨乳首乳輪の黒ずみ改善してピンク色にしてくれるアイテム

 

 

 

 

タグ :

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪の知識 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る