乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

乳首がピンク色から黒になる原因と対策③|加齢

読了までの目安時間:約 5分
e243

 

乳首と乳輪を美しくするためのサイト、

乳首ピンク.netへようこそ!

 

歳をとってから若いころの無理が肌にでてきた。。

 

これって30代以上の方なら誰もが実感することですよね。

 

実際私も若いころは日焼け止めなんて塗らずに表にでていって楽しんでいたら、、シミが今になってでてきてしまっていたりもします(泣)

 

乳首乳輪の色も加齢とは無縁ではありません。

 

加齢によって乳首と乳輪の色は確実に変化していくということが分かっているんです。

 

このページでは加齢と乳首乳輪の色の関係を詳しく解説していますので、ぜひあなたの参考にしてみてくださいね♫

 

歳をとると乳首乳輪の色が変わるのは女性ホルモンが原因

e108

 

歳をとると乳首乳輪の色が変わっていくのは間違いありません。

 

なぜ間違いないといえるのかというと、そこにはしっかりとした根拠があるからです。

 

 

その根拠とは女性ホルモンとメラニンの関係です。

 

 

女性ホルモンと聞くと、私たち女性の身体を女性らしく保ってくれたり、妊娠するために必要な体内ホルモンだというイメージがありますよね。

 

そしてメラニンは夏場に紫外線を浴びると肌を黒くさせてしまう体内物質だという漠然としたイメージがあるかもしれません。

 

実はこの2つ、、深い関係があるんです。

女性ホルモンが増えるとメラニンが増える=乳首の色が濃くなる

c2

 

女性ホルモンが増えると、胸が大きくなったり女性らしい身体つきになるという嬉しい効果がある反面、メラニンを増やして乳首乳輪の色を濃くしてしまうという乳首乳輪ケアにとっては悪影響な効果があります。

 

うえのグラフは女性の体内の女性ホルモン量の変化を表しているグラフなんですが、見てみると、若いころはほとんど分泌されていなかった女性ホルモンが思春期に入るころから急激に増えることが見て取れますよね。

 

この時期から私たち女性の乳首乳輪の色は急激に濃くなり始めます。

 

そして20−30代の成熟期に入ると女性ホルモンの分泌量はピークを迎えて、乳首乳輪の色は一旦落ち着きます。

 

そして、、歳を重ねて60代以上の円熟期に入ると子供の頃と同じくらいの女性ホルモンの分泌量に戻ります。すると乳首と乳輪の色も子供の頃のように薄くなっていくというのが通常なんです。

歳をとれば赤ちゃんの頃の乳首乳輪の色に戻れる

 

c3

 

赤ちゃんって色素が薄くて乳首乳輪の色も薄いですよね。

 

この写真はあくまで参考ですが、あなたも60代を過ぎた頃にはこのくらいの色の薄さに戻れている可能性が高いんです。

 

そうは言っても、『今若い時に薄いピンク色の乳首乳輪を手に入れたいの!』という思いがあるかもしれません。

 

もしあなたがそうなら、このサイトで乳首乳輪の色をピンク色にする方法を知って実践することが可能になっていますので、ぜひ当サイトをお気に入りに登録して乳首と乳輪をいまキレイにしていってみてください。

 

男性から見ても女性の乳首と乳輪の色の理想は薄いピンク色となっていますので、あなたが男性の理想に合う乳首と乳輪を持っていれば、男性からの評価が上がる可能性がかなり高いです。

 

u58

 

u55

 

乳首と乳輪をキレイな色に変えていく努力はあなた自身の自信を深めて、より人生を楽しむことにプラスになることはもちろん、大切な異性からあなた自身をもっと大切にしてもらうためにもオススメな方法だと言えるでしょう。

 

というわけで、乳首と乳輪をキレイにしてもっと人生を充実させてみてくださいね♫

 

このページがあなたのお役にたちましたように☆

 

 

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る