乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

乳首がピンクから黒色になる原因と対策②|メラニン

読了までの目安時間:約 9分
b934

 

 

乳首と乳輪をキレイにするためだけのサイト

乳首ピンク.netへようこそ!

 

メラニンと聞くとどういうイメージがありますか。

 

  • 日焼けの原因になる。。
  • メラニンがたくさんあるとシミができちゃう。。
  • メラニンができると老化する。。
  • メラニンができるとシワができやすくなる。。

 

特に女性ならメラニン=敵というイメージが強いかもしれませんね。

 

実際メラニンは乳首と乳輪を黒くさせる黒ずみの原因のもとなる体内物質だったりもするので、こういったイメージは間違いではありません。

 

このページでは乳首と乳輪を黒くさせてしまうメラニンについてと、メラニンで乳首と乳輪が黒くなるのを防ぐ方法を詳しく解説していますので、ぜひあなたの美のために参考にしてみてくださいね。

 

なんでメラニンで乳首と乳輪が黒ずむの?

e148

 

というわけで、まずはメラニンとは?なぜメラニンが乳首と乳輪を黒ずませるのか?について話をしていきましょう。

メラニンとは?

では最初にメラニンについて簡単に説明をしていきます。

 

『えぇ〜そんなのいらないから、早く黒ずみを予防する方法教えてよ〜』

 

と思われたら、この項目を飛ばしていただいてもOKなんですが、できたら一読して、メラニンがどんなものかについて理解しておきましょう。

 

そうした方が敵の姿を知って、賢く敵と戦っていける=黒ずみを改善させていけますので♫

メラニンは色素です

メラニンは体内で生成される色素のことで、メラニン色素が体内で生成されると皮膚表面を黒くする効果があります。

 

メラニンは厳密に言うと2種類あって、エウメラニンとフェオメラニンという名前がそれぞれついているんですが、人種によって体内に多くもっているメラニンの種類が変わってきます。

 

c4

引用元|www.skincare-univ.com

 

この2つのメラニンは髪の毛の色にも深く関わっていて:

 

エウメラニン(ユーメラニン)は黒髪の方が多く持っているメラニンだとされています。

フェオメラニンは金髪の方が多く持っているメラニンだとされています。

エウメラニンとフェオメラニン両方を持ち合わせていると赤っぽい色の髪の毛になります。

メラニンは美に対してマイナスの効果を持つ

メラニンができると肌が黒くなるという時点で美白美肌やキレイな乳首乳輪を保つ点でマイナスな影響を与えます。

 

またメラニンが生成されると私たちの身体は酸化(さびつく効果)してしまうので、老化が進んでしまいシミやシワができやすくなるという悪影響もあります。

 

だからといってメラニンは身体に必要のない物質かといえばそういうわけではありません。

 

私たちの体内にメラニンがあるのは私たちに必要な物質だからです↓

メラニンは遺伝子が紫外線で壊されるのを防いでくれる

私たちが地球で生きていく上で避けては通れない太陽からの光=紫外線は私たちの肌に届くと、細胞の核にまで入り込んで、核に守られていたDNA(遺伝子)を傷つけるという効果があるんです。

 

すると壊れた遺伝子が原因となってガンができてしまったりと命に関わる病気が起こってくるようになります。

 

これってイヤですよね?

 

細胞が紫外線で傷つかないように私たちを守ってくれているのが実はメラニンで、肌を黒くすることで紫外線が細胞まで届くのを防ぎ、私たちの身体を健康に保つ役目をしてくれています。

メラニンが増える2つの大きな原因

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

 

メラニンとは?という点についてはなんとなく分かって頂けましたか?

 

このページは乳首乳輪をできるだけピンク色に近づけて、黒ずみを防ぐ事を目的に作成されていますので、専門的な紫外線やメラニンについての解説は省いていますが、メラニンとはどういうものかということについてなんとなくでもイメージがつくようになっていたらそれで充分です。

 

じゃあなんでメラニンができてしまうのかという点について原因を2つ見ていってみましょう。

紫外線を浴びるとメラニンが生成される

これはここまでの話の中ですでにでてきた話です。

 

紫外線は肌に届くと細胞を傷つけてしまう効果があるので、それを防ぐために体内でメラニンが生成されるんでしたね。

女性ホルモンが活性化されるとメラニンが生成される

これはあんまり知られていないんですが、女性ホルモンの量が増えると体内メラニン量が増えます。

 

u50

 

だから女性が妊娠すると女性ホルモン量が一気に体内で増えるので、乳首と乳輪が妊娠〜授乳期まで黒ずんでしまうということが起こってしまいます。

関連ページ|乳首乳輪の色の年齢による変化

メラニンによる乳首乳輪の黒ずみを予防する方法

はいっ、じゃあお待たせしました。

 

最後にメラニンで乳首と乳輪が黒ずんでしまうのを防ぐ方法を紹介していきましょう。

紫外線から身を守って乳首乳輪の黒ずみを防ぐ

まずは何より効果的な紫外線対策です。

 

夏になると日焼け止めを塗るのって当たり前なんですが、実は日焼け止めを塗ることができない、目や乳首・乳輪を通しても乳首乳輪の黒ずみは進行してしまいます。

 

どういうことかというと目が紫外線を感知すると、その情報を脳に伝達してメラニン生成を促進してしまうからなんです。

 

なので特に太陽の日差しがきつい夏場はサングラスを利用して目から入るメラニンの量を減らす対策が重要になってきます。

 

効果的なサングラスの選び方など詳しくは以下のページで解説していますのであわせてチェックしてみてください↓

 

乳首の色がピンク色から黒ずんでしまう原因と対策|紫外線

妊娠期の女性ホルモンの増加による黒ずみは避けられない

もう一つのメラニン生成を増やす原因、女性ホルモンの増加については残念ながら避けようがありません。

 

女性ホルモンはバストを大きくしてくれたり、肌にうるおいを保つという美に対してプラスの効果がかなりあるので、乳首乳輪の黒ずみを防ぐために、女性ホルモンの量を減らすと、胸が小さくなったり、肌が乾燥したりと悪影響がでてきてしまいます。

 

さらに女性ホルモンが不足すると妊娠機能が弱くなるという効果もありますので、女性ホルモンの量を意識的に減らして乳首乳輪の黒ずみを防ぐことはオススメできません。

 

特に妊娠期は女性ホルモン量が増えてしまうので、乳首乳輪が黒くはなりますが、授乳後ある程度時間が経つと妊娠前の頃の乳首乳輪の色に戻るとされていますので、妊娠で乳首が黒くなっても焦らないようにしましょう。

メラニンとは上手に付き合いつつ乳首乳輪をピンク色に近づけましょう

e204

 

メラニンは身体の細胞が傷つくのを防ぐためになくてはならないものです。

 

でも同時に肌を黒くさせたり乳首乳輪の黒ずみの原因ともなるもの。。

 

頭が痛いところですよね。

 

夏場は最低限日焼け止めでメラニン生成量を減らすとともに

サングラスをかけて目から入る紫外線量を減らしましょう

 

サングラスには目から入る紫外線量を9割カットする効果があると言われていますので、その分メラニンの生成量が減り乳首乳輪の黒ずみを防ぐのに効果的です。

 

そして夏をキレイな乳首乳輪のままおもいっきり楽しみましょう。

 

あんまり黒ずみを意識しすぎて海に行って楽しまないというのは損です。しっかりと対策をした上でおもいっきり人生を楽しみまくってくださいね。

 

関連ページ|乳首の黒ずみの原因と対策ベスト11|乳首ピンク.net

 

 

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る