乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

フェニルエチルレゾルシノールは究極の乳首黒ずみ除去成分?

読了までの目安時間:約 7分
b72

 

 

 

乳首と乳輪の美を追求するサイト・乳首ピンク.netへようこそ!

 

 

 

このページでは今話題の美白成分

 

フェニルエチルレゾルシノールについて解説しています。

 

あなたが乳首と乳輪の黒ずみでお悩みでピンク色の乳首を手に入れてみたいと思うなら、このページの内容が参考になると思いますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

フェニルエチルレゾルシノールとは?乳首の黒ずみ除去に効果あり?

b198

 

フェニルエチルレゾルシノールは西洋の赤松に含まれているポリフェノール成分を合成した化学成分です。

 

もともと海外のシムライズ(Symrise)というドイツの会社の研究者が開発したもので、美白効果が高いことからホワイトニング系のケアアイテムで利用されています。

 

<フェニルエチルレゾルシノールの別名|ジムホワイト377>

 

フェニルエチルレゾルシノールは日本で別名ジムホワイト377と呼ばれています。

ですがこれは間違いです。海外でフェニルエチルレゾルシノールは別名SymWhite 377と呼ばれていることから本来はシムホワイト377が正解です。

乳首の黒ずみ除去に効果が期待できる理由

b935

 

フェニルエチルレゾルシノールが美白に効果があると注目されているのは黒ずみの原因メラニンが体内でできるのを抑制してくれる効果があるからです。

 

フェニルエチルレゾルシノールはハイドロキノンの2100倍、メラニンの元となる原因物質チロシナーゼの働きを抑制する効果があるとされていることから、乳首と乳輪部分でメラニンができてしまうのを抑える効果が期待できます。

 

<ハイドロキノンとは?>

 

ハイドロキノンは美容整形外科や皮膚科で色素沈着の改善に利用される美白成分で、黒ずみの改善効果があるため専門医の処方のもとトレチノインと併用して利用されることが多い成分です。

 

ハイドロキノンの17倍、チロシナーゼの抑制効果があるとされているルミキシルペプチドから見ても、フェニルエチルレゾルシノールは約123倍効果が高いので、フェニルエチルレゾルシノールは現状もっとも効果的な美白成分と言えます。

 

関連ページ|ハイドロキノンで乳首の黒ずみを除去|効果・副作用

関連ページ|トレチノインで乳首の黒ずみを除去|効果・副作用

関連ページ|ルミキシルペプチドで乳首の黒ずみを除去|効果・副作用

フェニルエチルレゾルシノールの副作用は?

e232

 

まだ使用されだしてから間もない美白成分ということもあって、今のところ目立った副作用は報告されていません。

 

    • ハイドロキノンにくらべても毒性が低い
    • ビタミンEと同程度のアンチエイジング効果(抗酸化効果)がある

 

という報告があり、ハイドロキノンにくらべてフェニルエチルレゾルシノールの方が副作用の可能性が低く、さらに美白効果が高い可能性が高いでしょう。

 

海外の情報もあわせて調べてみましたが、目立った副作用はまだわかっていないというのが正直なところのようです。

 

Very little information was found on SymWhite 377 or Phenylethyl Resorcinol that wasn't published by Symrise. According to reviews and Kinerase, which uses it as an active ingredient in its Brightening Anti-Aging System, SymWhite 377 is thought to be effective without being harsh and non-irritating with extremely low cytotoxicity.

引用元|https://www.truthinaging.com/

 

こちらは海外のアンチエイジング関係のサイトの引用文なんですが訳してみると:

 

シムホワイト377・フェニルエチルレゾルシノールについてシムライズ社からはほとんど情報の発表がありません。実際にフェニルエチルレゾルシノールを美白成分として使用しているキネラセ社によると、肌の炎症や不快感なく利用できる効果の高い成分であって、細胞毒性も極めて低いという発表がされています。

 

とあることから、フェニルエチルレゾルシノールには目立った副作用がないと考えても良いでしょう。

 

<細胞毒性とは?>

 

細胞毒性とは化粧品の成分などが原因で細胞が死んでしまったり、細胞が持つ機能に悪影響を与えることを言います。

フェニルエチルレゾルシノール入りの美白ケア

e30

 

フェニルエチルレゾルシノールはまだまだ最近名前が知られだした美白成分なので、日本でフェニルエチルレゾルシノールを配合している美白ケアアイテムは数を数えるくらいしかありません。

 

そんな中で美白ケアとして人気もあるフェニルエチルレゾルシノール入りのケアアイテムはというと、ビーグレンというカリフォルニア初の美白ケアアイテムがおすすめです。

乳首乳輪ケア専用のフェニルエチルレゾルシノール入り美白ケアは?

今のところフェニルエチルレゾルシノール入りで乳首専用に作られたケアアイテムは見かけたことがありません。

 

ビーグレンはフェニルエチルレゾルシノール入りで高い美白効果が期待できるアイテムなんですが、当サイトでは現状ビーグレンを利用した乳首乳輪ケアはおすすめしていません。

 

なぜかというと乳首乳輪部分の皮膚は身体のほかの部分にくらべて敏感で、ビーグレン含む顔などに使用することを前提に作られた美白ケアアイテムを使ってしまうと成分の刺激が強すぎて逆に乳首乳輪の黒ずみを進行させてしまう可能性があるからです。

 

乳首乳輪のケアには低刺激で美白効果の高い成分の入ったケアアイテムがおすすめです。

 

⇨乳首乳輪の黒ずみ除去におすすめな低刺激美白アイテム

 

タグ :    

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪の美白に効果的な美容成分 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る