乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

ビタミンCで乳首乳輪がピンク色になるは本当?

読了までの目安時間:約 12分
c78

 

 

乳首と乳輪の美を追い求めるサイト・乳首ピンク.netへようこそ!

 

ビタミンCって私たちが普段生活していたら、どこでも目にする機会のある身近な栄養素ですよね。

 

例えば私が子供の頃大好きだったジュース、C.C.レモンもビタミンCのCが商品名に入っちゃっています。

 

そんなありふれた栄養素ビタミンCの乳首乳輪の美白効果についてこのページでは解説していますので、ぜひあなたの美を高めるために参考にしてみてください。

 

ビタミンCを使えば乳首乳輪も美白化する?

c78

 

ではではここから一緒にビタミンCについて知っていきましょう。

 

まずは何よりビタミンCがどれくらい乳首乳輪の美肌・美白に効果的なのかをチェックしてみてください↓

ビタミンCの持つ美白効果

ビタミンCの持つ美白効果には様々なものがあって、それらの効果全てが相乗効果を与えてくれることで、乳首乳輪にかかわらず肌の黒ずみ改善や潤いアップ効果を期待することができます。

 

1つ1つ代表的な効果を紹介すると↓

ビタミンCにはメラニンの生成の元となるチロシナーゼ抑制効果がある

チロシナーゼってあんまり聞き慣れない言葉かもしれません。

 

チロシナーゼについてのWikipediaのページを引用すると:

 

メラニンのルーツは、アミノ酸の一つであるチロシンである。このチロシンにチロシナーゼという酸化酵素が働き、ドーパという化合物に変わる。更にチロシナーゼはドーパにも働きかけ、ドーパキノンという化合物に変化させる。ドーパキノンは化学的反応性が高いので、酵素の力を借りる事なく次々と反応していく。ドーパクロム、インドールキノンへと変化し、最終的には酸化、重合し、黒褐色の真性メラニンとなるが、構造は大変複雑であり、表記は難しい。一方、ドーパキノンとシステインが反応することで、システィニルドーパを経て亜メラニンが合成される。メラニンは水や全ての有機溶媒に不溶で、特に亜メラニンは極めて安定である。

 

とかなりいろんな成分名がでてきていてこむずかしいですよね。

 

要は

 

真性メラニン生成のパターン

 

  1. チロシンがチロシナーゼに働きかけたら、ドーパができる。
  2. ドーパにチロシナーゼが働きかけるとドーパキノンになる。
  3. ドーパキノンは勝手に自分で変化していってしまう。
  4. するとドーパクロム→インドールキノンと変化して、
  5. 最終的に真性メラニンとなる

 

というパターンと

 

亜メラニン生成のパターン

 

  1. チロシンがチロシナーゼに働きかけたら、ドーパができる。
  2. ドーパにチロシナーゼが働きかけるとドーパキノンになる。
  3. ドーパキノンとシステインが合わさると
  4. システィニルドーパになって
  5. 最終的に亜メラニンになる

 

という2つのパターンでチロシナーゼを元にメラニンが生成されてしまうんです。

 

関連ページ|亜メラニンと真性メラニンの違いはこちら

 

前置きが長くなってしまいましたが、ビタミンCにはチロシナーゼの働きを阻害する効果があるとされているので、メラニンの生成を初期段階から防いでくれて乳首乳輪(含む身体)が黒ずんでしまうのを防いでくれる効果が期待できます。

 

このため、これからできるメラニンを予防することで黒ずみ予防ができる効果がビタミンCにはあると言えます。

メラニン除去効果|色素沈着改善効果

b198

 

さらにビタミンCにはこれからできるメラニンだけじゃなく、今すでにできてしまっているメラニンの除去効果も期待できます。

 

ビタミンCにはすでにできているメラニンを還元(=分解除去)する効果があるので、今できている乳首乳輪の黒ずみ除去・顔のシミなどが消えていくんです。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける効果がある
c18

 

ビタミンCは女性なら誰もが知っている美肌成分コラーゲンが体内で作られるのに必要不可欠な成分です。

 

ビタミンCをしっかりと摂る生活をし続けていればコラーゲンがたくさん体内で作られて肌が黒ずみを知らない潤い美肌になれる可能性が高まるんですよ。

 

少しむずかしい話ですが、下の引用はビタミンCとコラーゲンの合成についての解説です。

 

ビタミンCは、コラーゲンの合成に深く関与している。プロリン・リジン残基を含めた形でコラーゲンのタンパク質が合成され、タンパク質鎖が形成された後で酸化酵素によりプロリン・リジン残基がそれぞれヒドロキシ化(水酸化)を受けてヒドロキシプロリン・ヒドロキシリジン残基に変化し、これらは水素結合によってタンパク質鎖同士を結び、コラーゲンの3重螺旋構造を保つ働きがある。またこの反応の際にはビタミンCを補酵素として必要とするため、ビタミンCを欠いた食事を続けていると正常なコラーゲン合成ができなくなり、壊血病を引き起こすものである。

 

むずかしいですよね。。

 

    • 要はビタミンCがあればコラーゲンができやすい。
    • ビタミンCがないとコラーゲンができずに壊血病になる可能性が高まる。

 

と重要部分だけ覚えておいていただければ充分です。

ビタミンCには抗酸化作用がある=アンチエイジング効果あり!

ビタミンCには抗酸化作用があって、私たちの身体が錆びついて衰えていくのを防いでくれる・遅くしてくれる効果が期待できます。

 

私たちって生きている限り息をし続けなきゃ生きられないですよね。

 

外から取り込んだ空気の中には酸素が2割ほど含まれていて、酸素と食事からとった栄養が体内で組み合わさって私たちの生活に必要なエネルギーが生み出されます。

 

でも全ての酸素が効率よく消費されるかというとそうじゃなくて、どうしても体内で使われない酸素がでてきてしまうんです。この使われない酸素が酸化して身体をサビさせてしまうとシミ・しわといった肌トラブルが起こる以外に、ガンの原因になったりもしてしまいます。

そうならないように酸素の酸化を防いでくれる強い味方がビタミンCなんですよ。 

ビタミンCと日焼けの肌荒れ改善効果

<紫外線とメラニンの関係>

c76

 

ビタミンCにはこれまでお話をしてきたメラニンの生成予防効果とすでにできているメラニンの除去効果があるので、日焼けが元でできてしまうメラニンを効率よく除去してくれる効果が期待できます。

 

 

あんまり知られていないんですが目から入った紫外線に身体が反応すると体内でメラニンが生成される量が増えて乳首乳輪の黒ずみが進行するということもあったりするんですよ。

(関連ページ|ピンク色から黒ずみ乳首になる原因|紫外線

 

ビタミンCには炎症を抑える効果があるので太陽光線の刺激が元で起こってしまう肌荒れの改善にも効果を発揮します。

乳首乳輪は肌が弱い部分なので、日焼けの影響をもろに受けやすく、炎症が起こってしまうと身体は紫外線から身を守るために防御反応でたくさんのメラニンを生成してしまったり、肌を分厚くしてしまいます。

そうならないためにもビタミンCを使うことで肌を健康に保つ効果が期待できます。

ビタミンCをそのまま使っても効果は期待できない?

e231

 

『ふむふむビタミンCって美白にかなり効果的みたいね。レモンを絞って乳首乳輪にのっけておこうかしら。。』

 

とここまで読んであなたが思ったのなら、それはそれで間違いではないんですが、あまり高い効果は期待できません。

 

ビタミンCはかなりモロくて、光や熱ですぐに壊れてしまうんです。

 

だから天然のビタミンCをそのまま皮膚に塗っても、肌への吸収量はかなり少なくなってしまい、ビタミンCそのものが持つ美肌効果が活かされません。

 

『えぇ〜!じゃあ意味無いじゃん!』

 

と思われたら、安心してください。そのまま利用すると不安定で効果を発揮できない天然のビタミンCですが、ビタミンCを壊れにくくした(安定化させた)ビタミンC誘導体を使えば、ビタミンCの効果をきっちりと肌に届ける事が可能です。

ビタミンC誘導体は体内に入るとビタミンCに戻る

ビタミンC誘導体はビタミンC+◎◎◎という形でビタミンCを安定させる成分を化学的にプラスしたものです。

 

光や熱でビタミンCが壊れてしまうのを防いでさらに肌の奥まで届きやすくしているのがビタミンC誘導体の特徴で、肌の奥までビタミンC誘導体が届くと徐々に時間をかけてビタミンC誘導体からビタミンCへと戻っていきます。

誘導体=運び屋さん

 

というイメージを持たれると良いですね。

 

このビタミンC誘導体を使ってあげることで、ここまでお話してきたビタミンCの美肌メリットを効率よく享受することが可能になるんですよ♫

 

関連ページ|乳首をピンク色にするビタミンC誘導体とは?

ビタミンCに副作用ってあるの?

ビタミンCは天然の成分なのでそこまで大きな副作用というものはありません。

 

じゃないとレモンやみかんといったビタミンCが含まれている食べ物を食べるだけで私たちは副作用を感じなければいけなくなっちゃいますからね。

 

目立った副作用では:

 

皮脂を抑える効果があることくらいでしょう。

 

ビタミンCを塗布すると皮脂の分泌が抑えられるのでニキビの改善に効果があったりするんですが、皮脂の分泌が過剰に減少してしまうと肌の皮脂が足りなくなってしまい乾燥肌になる可能性があります。

 

なので乾燥肌の方でビタミンCを使うケアをする場合は保湿ケアをしっかりすることをオススメします。

ビタミンCで美白したい時の注意事項|敏感肌・乾燥肌の方は注意が必要

ビタミンCは美肌効果が高い成分ですが刺激が強い成分でもあります。

 

レモンを食べた時をイメージするとわかりやすいですね。

 

特に乳首と乳輪の皮膚は粘液状態だと言ってもいいくらいに薄く繊細な部分です。

 

ビタミンCを直接塗りすぎてしまうと乳首乳輪の皮膚には刺激が強すぎてしまう可能性があって、乳首乳輪が刺激から身を守るために肌を分厚くする(黒ずみが進行する)可能性があります。

 

敏感肌・乾燥肌の場合は、ビタミンCを利用して美白をするときにあわせて保湿ケアをしっかりとして、乳首と乳輪が受ける刺激を和らげてあげることをオススメします。

 

叶恭子さんの乳首乳輪ケアで乳首をピンク色に

叶恭子さんがご自身のブログで紹介されている乳首をピンク色にするケア方法を別ページで紹介しています。

 

自宅で簡単にできてこのページで紹介しているビタミンCの効果も期待できちゃう方法なので、興味があればあわせて参考にしてみてくださいね。

 

叶恭子さんの乳首乳輪をピンク色にするケア・黒ずみケア

叶恭子さんの乳首乳輪をピンク色にするケア・黒ずみケア2

 

タグ : 

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪の美白に効果的な美容成分 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る