乳首 ピンク

乳首ピンク.net|乳首乳輪を美しくする為のサイト

乳首ピンク.netは乳首と乳輪を美しくすることに特化した日本で初のあなたの乳首乳輪のための総合情報サイトです。

【黒ずみ対策】乳首をピンク色にするハイドロキノンとは?

読了までの目安時間:約 7分
b72

 

 

乳首乳輪の美を追求するサイト・乳首ピンク.netへようこそ!

 

 

 

このページでは乳首乳輪の黒ずみ対策に使われることの多い

 

 

美白成分ハイドロキノンについて詳しく解説しています。

 

あなたがいま乳首と乳輪のことで悩んでいてハイドロキノンという成分と出会ってここまでたどり着いたなら、このページがあなたのお役に立てると思いますので、ぜひ最後まで参考にしてみてくださいね。

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分ですが、還元作用があり写真の現像に使われています。現像していた人の肌が白くなったことから美白作用のあることが発見されました。

引用元|http://www.drx-web.com/

 

ハイドロキノンはヒドロキノンと呼ばれることもある成分で、うえの引用文にもあるように天然のイチゴや紅茶の中にも存在している天然成分です。

 

ただ今私たちが化粧品などを通して利用しているハイドロキノンはフェノールと呼ばれる有機化合物から化学的に抽出されたものが主だと思っておいた方がよいでしょう。

ハイドロキノンが乳首乳輪の黒ずみ改善に効果がある理由

b198

 

ハイドロキノンが乳首乳輪の黒ずみの改善に効果がある理由は:

 

ハイドロキノンのメラニン生成予防効果が理由です

 

ハイドロキノンは体内のメラニン生成工場・メラノサイトという部分に働きかけて、メラニンが体内でできてしまうのを防いでくれる効果があるんです。

 

メラニンは紫外線を浴びることでも体内で作られて、肌を黒くする=黒ずみの原因となるものです。

 

ハイドロキノンを乳首や乳輪に塗ることで乳首乳輪部分のメラニン生成を抑えることで、乳首と乳輪の黒ずみを改善していく効果が期待できるんですよ。

 

ハイドロキノンは麹酸よりもメラニン抑制効果が高くて、効果差はかなり諸説があるんですがおおむね10から100倍と言われています。

画像とイラストでハイドロキノンの働きを確認
c11

引用元|http://www.drx-web.com/

ハイドロキノンはトレチノインと一緒に使われることが多い

乳首乳輪の美白ケアでハイドロキノンは主に美容外科で使われることの多い成分となっているんですが、ハイドロキノンと一緒にトレチノインという成分が使われることが多々あります。

 

ハイドロキノンは先ほどお話しした通り:

 

これからできるメラニンの生成を予防します

 

トレチノインにメラニン生成を抑制する効果はあまり期待できませんが、その代わりに:

 

すでにできてしまったメラニンを解消する効果が期待できます

 

なのでトレチノインで今あるメラニンを消していき、ハイドロキノンでこれからできるメラニンを抑制するというダブルの美白効果が狙えることから、ハイドロキノンとトレチノインはよく一緒に組み合わせて使われるんです。

 

関連ページ|トレチノインで乳首をピンク色に|黒ずみ除去にも効果的

ハイドロキノンの乳首乳輪以外の効果

ハイドロキノンの効果は乳首乳輪の黒ずみ除去以外にもあって、

主にシミ改善が代表的な効果です

肝斑・色素沈着などの加齢や日焼け後にでてきてしまうシミにハイドロキノンのメラニン抑制効果が働きかけることでシミの改善効果を期待できます。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは化学的な成分ですので高い効果が期待できるのにはできるんですが、その分副作用もあります。

 

医薬品でも西洋の化学薬品には副作用が必ずあって、東洋の天然ハーブを使った東洋医薬に副作用が少ないのと同じですね。

ハイドロキノンは発がん率を高める可能性がある

そしてハイドロキノンの副作用は発がんリスクを高めるというものです。

 

発がん性についての副作用を考慮して西欧諸国の中にはハイドロキノンの利用を法律で禁じている国もあるくらいなんですよ。

日本でのハイドロキノンの取り扱い

日本では2016年時点で厚生労働省がハイドロキノンの化粧品への利用を2%に制限しています。

 

前述のように発がん性の副作用があるので、化粧品成分100%のうち2%までしかハイドロキノンを使うことはできないという厳しいルールが日本では課されているんです。

 

ちなみに2.1%以上のハイドロキノンを含んだ製品はすべてお医者さんの処方箋が必要です。

美容外科で使われているハイドロキノンの配合量

ハイドロキノンは主に美容外科・皮膚科などで処方されるお薬に含まれていることの多い成分なんですが、だいたい4%程度ハイドロキノンを配合したお薬が主流になっているようです。

 

5%の濃度のハイドロキノンは動物実験で発がん性が指摘されており、現在ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあります。そのため、当院では効果と副作用のバランスを考えて、4%ハイドロキノンクリームを処方しています。

引用元|http://cocoro-hihuka.com/

 

ハイドロキノンは乳首乳輪対策にオススメ?

当サイトの意見としては、

 

発がん性を考えるとハイドロキノンの利用はあまりオススメすることができません。

 

化学の力を使ってどれだけ乳首乳輪を美しくしたとしても健康を害してしまってせっかく綺麗になった乳首と乳輪と一緒に人生を楽しめないならそれってあんまり意味がありませんよね。

 

代わりに天然成分の力を使った乳首乳輪の黒ずみ除去・美白ケアを当サイトでは推奨しています。

 

当サイトでも本当に良いと判断した数点のケアアイテムを紹介していますが、そのほとんどが天然成分のアイテムなので化学薬品と違って効果は100%ではありません。

 

でも黒ずみ改善効果実感率は90%以上のもので、乳首乳輪という敏感な皮膚に使っても副作用の可能性が低いものばかりを集めていますので、あなたの乳首をピンク色に変えていく効果も同じく90%以上です。

 

実際の乳首乳輪専用のケアアイテムは別カテゴリーでまとめていますので、よければあわせて参考にしてみてください↓

 

乳首乳輪の黒ずみ除去|ピンク色に変えるオススメアイテム

 

タグ :       

乳首の黒ずみ改善 乳首乳輪の知識 乳首乳輪の美白に効果的な美容成分 乳首乳輪をピンク色にする方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る